Tuesday, November 3, 2015

ヒューストン、アメリカ国内の資産を築くのに一番適している都市に選ばれました

ダラスのオンライン情報誌Candydirt.com によりますと、投資融資関係のオンライン雑誌BANKRATEが発表したアメリカ国内で資産を築くのに適している都市の一位にヒューストンが選ばれたと発表しました。
この採点の基準は、以下の通りです。

①手取りの貯金できる収入:収入から税金および生活費を差し引いた金額。この金額を投資に向けることができます。

②仕事の数:雇用者が同じような賃金で働ける仕事が見つけられるか

③人材:住民が収入を増やすため、キャリアや能力を伸ばす機会が与えられるか

④ファイナンスサービス:住民が金融機関などに投資できるもしくは融資しやすい環境が整っているか?

⑤ローカルハウジングマーケット:良しも悪しも持ち家を持つことは、アメリカの資産を築く鍵となります。もし、ローカルの不動産マーケットが悪ければ、今後家を購入する方たちのモ―ゲッジ(住宅ローン)などに影響してきます。

これらを総合して、選ばれたのが、我らの市ヒューストンでした!
第二位はWASHINGTON DC、第三位がCLEVELAND,第四位がDETROIT、第五位がDALLASです。

ただし、BANKRATEの記事にも、ヒューストンが一位になったからと言って、全ての方にとって資産を築くのに適している都市とはいいがたいと注意書きがありました(当たり前ですが)。

確かにヒューストンは第四の都市にしては、不動産価格は他の大都市よりもまだ割安ですし、州税市税などがかからないという事もプラスです。生活費などは、徐々に割高になりつつありますが、それでも、大都市の中ではまだ割安でありますし、仕事も、石油ガス産業だけでなく、医療機関、教育機関、サービス業など様々な産業が盛んでありますので、仕事の機会は他州と比べて多くあるかと思います。

尚、CANDYDIRTの今回の記事の詳細はこちらです。


No comments:

Post a Comment

メモリアルの販売物件にて、今週土曜日にオープンハウスを行います

メモリアルの立地条件のよい場所にある販売物件にて、今週土曜日にオープンハウスをします。9/21の午後2時から4時の間です。 家を購入する予定もない方、販売する家の状態はどんな感じか興味がある方、家を購入を検討されているけれど、はっきりした予定がない方、など、どんな方でも自由に...